1. TOP
  2. 活動報告
  3. 「発達障害児改善教育研究会」講演会

エントリー

2016年08月11日

「発達障害児改善教育研究会」講演会

2016年08月11日

「発達障害児改善教育研究会」講演会

8月11日(木)TKP東京駅八重洲カンファレンスセンターにて「発達障害児改善教育研究会」講演会を開催いたしました。
 講師は田崎美弥子先生(東邦大学医学部教授・心理学博士)、臼井幸治先生(銀座レンガ通りクリニック院長・医師)、鈴木昭平(子どもの未来支援機構理事長、エジソンアインシュタインスクール協会代表)でした。
 田崎先生は、脳波測定とコンピュータープログラムを使った最新の脳トレーニング法「ニューロフィードバック」による知的発達障がい改善の可能性」をご講演されました。臼井先生の講演は「親の心構えと子どもの成長」というテーマでした。
そして25年間にわたり知的発達障がいを持つお子様の改善に取り組み、多くの改善指導実績がある当財団理事長の鈴木は「知的発達障がいの改善のための3つの柱」をお話させていただきました。
 3人が現場で実際に対応している問題に基づき、具体的に改善につながる可能性の高い方法について、時間の許す限り熱弁をふるいました。
 当日は50人のご参加をいただき、講演終了後も熱のこもった質疑応答が続きました。参加された方達の学びの機会となれば幸いです。
 ご参加、ご協力誠にありがとうございました。


田崎先生

田崎先生

臼井先生

臼井先生

鈴木代表

鈴木代表